Corporate policy

社長メッセージ

 当社は、昭和2年(1927年)の創業以来、「ものづくり企業」 として、精密ねじを始めとした、金属部品関連の製造販売を営んでまいり、平成19年(2007年)には創立80周年を迎える事が出来ました。今日まで社業を発展させてこられましたのも、お得意様をはじめとするお取引先各位のご厚情の賜と深く感謝いたしております。
  これまでの経歴に甘んじず、これからが「第二の創業期」であるとグループ会社を含めた社員一同、決意を新たに臨んでおります。
  長い歴史の中で、当社を取り巻く環境は、大きく変化しております。特にエレクトロニクス産業の発展のなかで、精密部品に対しては、高品質、低コスト、短納期、またグローバル化が求められるようになりました。年々ご要望のレベルが上がっているばかりではなく、より多様化しています。
  当社は、単に「ねじ」と言っても、「ものづくり」にこだわり続けて、その時代に求められる高精度な技術を常に追求しております。最新鋭の製造設備、検査装置をいち早く導入すると同時に、徹底したコスト管理により、お客様に絶えず一歩進んだサービスをご提供させて頂いております。
  また近年、力を入れているものは、物流の改善です。本年初(08年1月)に物流戦略拠点として「ロジスティック・センタ」を設立し、現在では、受注後の翌日納品を実現しております。お客様の生産計画に併せて当社で品揃えを行い、まさに“Just In Time”に対応しております。
  常にお客様起点の立場から、お客様のニーズを理解し、より良い製品とサービスをご提供するよう心掛けると同時に、地球環境に配慮した、調達活動・生産活動を行っております。
  海外のお取引先様におかれましても、当社の海外グループ会社と一体になり、国内と同様なサービス提供を行っております。今後さらに、グローバル化を推進し、私どもと共に社会に貢代表取締役 高須俊行献できる仲間を世界中に広げてゆきます。
  そして、これからの当社ビジネスを支えて行く人材の育成についても積極的に取り組んでおります。「ものづくり」に加えて、「ひとづくり企業」を経営理念に掲げております。
  社員の能力の向上が、会社の成長に繋がると考え、これからの厳しい時代を切り抜けるだけの経営知識を身につけた次世代のリーダー作りを進めております。
  今後、より一層皆様方からのご賛同を得られる企業として、努めてゆく所存であります。
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。